相続手続きの流れ

相続手続きの流れ

ここでは相続手続きの流れについてご説明いたします。

人が亡くなれば、必ず発生するのが「相続」で、決して避けては通れないものです。
相続には複雑な手続きが多く、場合によっては思わぬ損をしてしまうことがあります。
想像以上に複雑な手続きは専門家にお任せ下さい。

詳しい内容は以下をご参考になさってくだい。

■ 相続の流れ

主な相続手続の手順と期限を表にしてありますので、まずは相続手続の全体像を把握しましょう 


■ 相続の専門家とは

相続手続の処理には、大変な時間と幅広い知識が必要です。
最も信頼できる専門家を見つけて、アドバイスをもらいながらやっていくことが最も効率的で間違いがありません。
どのような専門家に相談すれば良いのかをちゃんと確認しましょう。

相続の流れ

相続の流れ

ここでは、相続の流れをご説明いたします。

相続は被相続人(=相続される人)が亡くなったときから開始されます。

相続については、民法で細かい規定が定められていますが、実際は被相続人や相続人の意見を尊重することを優先して考えられています。

このため、遺言書の有無相続人全員の話し合いを重視しており、これによって相続の手続きも変わってきます。

以下は、相続手続き全体の流れを、わかりやすく図にしたものです。

相続の流れ

一定期間の間にしっかりと手続きを進めないと、知らなかったでは済まされない失敗をしてしまう事にもなりかねません。

相続手続の中には、いろいろな所に落とし穴がありますから、過信せずひとつひとつ丁寧に見ていくことをお勧めします。

相続の専門家

相続の専門家

ここでは相続の専門家についてご説明いたします。

相続が発生したら、いったい誰に相談すればよいのでしょうか?以下で、どの専門家に相談するのが最も賢い選択なのかを見ていきます。

信頼できそう、相性が合うというのは実際とても重要な要素ですが、それと相続の問題を解決するプロであるかは、全く別の問題です。

是非、それぞれの『相続の専門家』を比較してみて、「誰に相談・依頼すればいいのか・・・?」という悩みを解決していただきたいと思います。

各専門家の業務内容

行政書士

行政書士の仕事のメインは許認可の申請で、相続における業務内容は遺言書作成サポート、遺産分割協議書の作成です。
相続登記、相続税申告には携わることができません。

司法書士

司法書士の主な業務は、相続不動産の名義変更(相続登記)です。

近年、相続に力を入れて遺言書作成をサポートしたり後見制度に詳しい司法書士が少しずつ増えてきましたが、まだまだ不動産の名義変更業務ばかりの事務所が多いのが現状です。

税理士

相続における税理士のメイン業務は、相続税の申告とそれに伴う調査です。
税理士は相続の相談相手として選ばれるケースが多いようですが、相続税申告は発生頻度が低いので頻繁に携わっているケースは少ないようです。

弁護士

弁護士のメイン業務は、やはり訴訟、裁判などの争いごとです。
揉めるようなケースは弁護士の専門領域になります。

京都相続サポートセンター

以上のように、各士業には一長一短があります。また、相続の問題は、実に多岐分野に渡るものです。

京都相続サポートセンターは、行政書士・税理士以外にも、
司法書士・弁護士・土地家屋調査士ともネットワークのある相続専門集団ですから、豊かな知識・経験・実績でお客様の相続を全面的にバックアップいたします。

関連会社

税理士法人みらい経営 京都事務所
株式会社みらい経営コンサルティング
行政書士 神緒美樹事務所
有限会社 カモン
一般社団法人民事信託推進機構

対応エリア

京都・滋賀・宇治・大津・長岡京周辺エリアをサポートをさせていただいております。京都市(右京区・上京区・北区・左京区・下京区・中京区・西京区・東山区・伏見区・南区・山科区 )に相談センターがございますので、お客様のお住まいのお近くで相談いただけます。

我が家でも相続税申告が必要?